「ゴールドフィンガーを求めて」タイマッサージ紀行

バンコク在住の爽やか一(はじめ)がお送りするタイマッサージ体験記です。 タイマッサージの素晴らしさをご紹介すると共に、リンク先では送料無料にてタイ特産無添加100%生ローヤルゼリー販売のサイトをご紹介させて頂いております。

タイマッサージ

エカマエ

379816_2469705021568_1220634680_32006377_512778599_n


















その日。
筆者はある情報を元に今年3月に開店したばかりのマッサージ店のドアを開けた。すると、あたかも小奇麗なホテルのように清楚な雰囲気がバンコクの喧騒に疲れきった筆者を迎えてくれたのだ。訪れたのはエカマイ通りの入り口から程近い炉辺焼き店の裏手に隣接しているタイマッサージ店だ。店内のインテリアは、わざわざ京都からデザイナーを呼んで設計しただけあって、いわゆるタイ古式マッサージの猥雑さが微塵も無く、バンコクの日常とかけ離れたくつろぎの空間を作り出している。

さて、今回お手合わせをお願いしたのは、バンコク出身のジムさん(43歳)。この店開店以来、看板マッサージ師として腕をふるっている。丁寧に足を洗ってもらう時、彼女が「ただ者ではない」ことに気が付いた。

彼女の手は洗いながらすでに足を「揉んでいる」のだ。

そして、マッサージが始まるとこの直感は当たっていた事を確信した。筆者の両方のつま先をそろえ足の甲を彼女は両手で押す。ごく当たり前のタイマッサージのスタートだが、その包み込むような力の入れ方は絶妙だ。
脛、脹脛、腿と手の平や親指を使い、相当な力を入れて揉み上げている割りに、全く痛みを感じない。理由は、彼女の攻めが「極めてソフト、それでいて強力」と言う事にある。柔らかい指、手首や肘の関節をフルに使い直接的な力の伝達を避けるマッサージで、揉む場所ごとに力の塩梅を調整している。

実はこのお店、マッサージ師として働くにも提携マッサージ学校の厳しい審査を通過しなくてはならないのだ。元はホテルのフロントで働いていた彼女も、思う所あって退職しワットポーでマッサージ師の資格をとったのが6年前。その後、他店で修行を積んでこのお店の試験に合格した一人である。
「この職業は一生続けられますから。」と言うジムさん。何気ない所作までもが限りなく自然で丁寧だ。

「お客さん一人一人の体に合わせた、マッサージが出来るように心がけているんですよ。」

物静かな彼女が目を閉じて、筆者のわずかな反応も見逃さず、持ち前のばねで揉み具合を調整する様子は患者と一体化しているようにさえ見えて来る。数多くのマッサージ師を知る筆者に言わせても彼女の技は「かなりのレベル」に達していることは間違いない。彼女に揉まれた両足、両手はすでに温まり気持ちよくしびれた感覚に支配されてしまった。

部位は背中に移り、親指を使って背骨の両脇を指圧するように揉み上げて来る。そして、左右両側からの背筋への攻め。これによって背中で凝り固まっていた血液がどっと流れ出す。ゆっくりとした彼女の揉みのペースと相まって意識は極楽の境地に向か始める。複雑に絡み合った肩甲骨の筋も器用に解きほぐし、肩、首筋へ達したころには、肩付近にあった凝りも見事に解消され、体中を血流が駆け巡り文字どおり「通り」意識は遠のいた。

マッサージ店が乱立するバンコクで、これだけのお店に出会えた幸運に思わず感謝した今回の修行だった。

【送料無料】100%無添加タイ・チェンマイ産の生ローヤルゼリーで「細胞」から健康に!

特別な力

427512_2540147982598_1220634680_32030684_355161111_n



















開店してまだ
2ヶ月ほどの新しいお店らしい。とにかく「すごい」マッサージ師がいると言うのだ

長年バンコクに住んでいるとネットからでは得られない貴重な生情報が耳に入ってくる。今回も小耳に挟んだこの情報を確かめるべくスクンビット23へ向かった。


実際に歩いてみると目的のお店は、スクンビット・ソイ23をかなり深く入った場所にあった。
時は4月。真夏の照りつける太陽が容赦なく筆者の体に突き刺さり、滝のような汗が止め処なく流れ落ちている。遠くの方に、熱気に揺らめいているそのお店の看板を見た時は、まるで砂漠の中のオアシス!

門を潜り、さっそく噂のマッサージ師を指名する。お手合わせをお願いしたのは、胸元の開いたピンクのユニフォームが眩しい、ノーンカイ出身のサーさん(
27歳)。
元々、縫製工場で縫い子として働いていたが更なる収入とやり甲斐を求めて
5年前にこの世界に飛び込んだそうだ。

いつものように爪先からマッサージが始まったが、この時点で彼女にマッサージ師としての資質が備わっていることに気が付いた。やわらかい指、厚く肉付きの良い手の甲。どれをとっても申し分がない。手首、ひじ、肩関節でショックを和らげながら押す体重のかけ方もお手の物で、心地の良い刺激が体内に広がり温まってくる。
最初に勤めたマッサージ店では、未熟なままデビューした為お客さんの満足な顔を見る事が出来なかったが、一念発起してワットポーでタイ式伝統マッサージを習得した後は、お客さんの満足な笑顔を見る機会も多くなって来たと言う。常に感じる彼女の熱い視線も、きっと筆者の反応を見て適度な力加減を探っているのだろう。

しかし筆者は不思議な感覚に襲われる。何かいつもとは違うのだ。手足のマッサージが終わり、うつ伏せになる前にトイレに立とうとして気が付いた。上手く立てない。下半身の力が入らないのだ。「ジンジン」としびれてとても暖かい。

「これは!」

と思い当たったのは、以前、一度だけ経験した気功系マッサージだ。筆者は注意深く後半のマッサージを観察した。特筆すべき箇所の無いごく普通に上手な揉みだ。が、揉みによってもたらされる血流の促進以外にもう一つ別の力も加わっていることも間違いない。普段味わうことの出来ない心地よさが体に注入されている感覚だ。

「君は特別なマッサージの方法を知ってるね?」

と言う筆者の問いかけに、彼女は何故か、顔を赤らめはにかみながら

スペシャルやるの? 奥のオイルマッサージの部屋なら出来るけど、、、」。

どうやらサーさん、この「特別な力」には気付いてはいないらしい。



【送料無料】100%無添加タイ・チェンマイ産の生ローヤルゼリーで「細胞」から健康に!

ハーブ倶楽部

live1



















4月の猛烈な日差しが容赦なく降り注いでいる。

その日。
筆者は珍しい「ハーブスチームサウナ」があると言う噂を聞きつけて、トンローソイ
13のあるマッサージ店を捜し歩いていた。
ハーブボールによる温灸なら何度も体験したが、「ハーブスチームサウナ」これは珍しい。
汗みどろでようやくお店をみつけると門を潜る。この暑い時期にわざわざサウナで体に熱を加える事が決して良い事ではないのは分かっている。しかし、それでもあえてスチームサウナをオーダーしてみた。

服を脱ぎ、もうもうとハーブの水蒸気が立ち込めるサウナルームへ入る。北タイ特産の20種類のハーブから発する蒸気の味わいは、複雑でありながら見事に調和し、深みと奥行きのある香りとなって細胞の一つ一つに染み渡るようだ。息を吸い込むごとに呼吸は楽になり、まるで別天地にいるような気分なのだがなんせ暑い。全身から吹き出た汗をシャワーで流して、次はマッサージルームへ移動。

今回は、オイルマッサージに挑戦してみた。マッサージを担当してくれたのは、プーさん、
26歳。小柄な体系でかわいらしい笑顔に少々の不安を感じたが、この店きってのマッサージ師とのお勧めもあり、お手合わせをお願いしたのだ。

まずうつ伏せから。小柄な体系とは裏腹の重みのあるスライドで筆者の片足を攻めて来る。その手に微妙な強弱をつけながら、足裏、脹脛、ひざ裏、腿とそれぞれの部位を細かく的確に揉み上げる。スライドのピッチの大小や目方の掛け方のリズムが抜群に良い。

「なるほど」これはいける。

シーサケート県から上京し様々な職を渡り歩きタイ式医療協会でタイマッサージの修行を積んだプーさん。この道に飛び込んで

「まだ1年しか経ってないんですよ」。

「え?」
筆者は思わず耳を疑ってしまった。
さりげなく患者の反応を見ながら細波のように揉み解す手腕は、少なくとも4-5年の経験が必要なはずだ。

「実家が農家なので疲れて帰って来る両親を小さい頃から揉んでました」。

いや、それにしても上手い。彼女の手はいつしか背中の凝り固まった筋肉を揉みしだく。背骨と背筋の隙間に指を入れ細かく擦り上げたかと思うと、手のひら全体を使って肩の方まで大胆にスライドさせる。肩甲骨に複雑に絡み合う細かな筋の凝りも器用に解きほぐし、肩や背中で止まっていた血流が一気に流れ出した。体中が心地よい暖かさで包まれて行く。先程のハーブの安らぎに加えてこの絶妙なマッサージだ。

ブログの取材であることも忘れ、筆者の意識はとっくに恍惚と安らぎの淵をさ迷っていた。



【送料無料】100%無添加タイ・チェンマイ産の生ローヤルゼリーで「細胞」から健康に!

バックパッカーの聖地へ

kaosan

今回、筆者が訪れたのは世界中の旅行者が集まる、あのカオサンロードだ。

その裏通りにある某ゲストハウスの1Fに併設されているマッサージ店の門を潜ってみた。
お手合わせをお願いしたのは、マッサージ師のプラーンさん44歳(男性)。5年前より当地でこのゲストハウスを営む傍らマッサージ師としての腕を振るっている。



一流マッサージ師が皆そうであるように、プラーンさんもマッサージ前の問診を重視している。患者の凝りのひどい部分や故障箇所などを丁寧に聞き、患者ごとにマッサージの方針を決める為だ。当事、左足の土踏まずと背中に強い凝りを感じていた筆者がそれを告げると、彼は確認するかのように幹部に手を当てながら、



「足の痛みは背中から来てるね。背中は、デスクワーク、それとお腹の調子悪いからだよ。」



と、その原因を推測した。と言うより、完璧に言い当てた。

早速、両足のつま先を握ってマッサージがスタートする。この時点で、いつもとは違っていた。普段慣れている女性マッサージ師と比べて一回り大きな彼の手がつま先を包みこんでくれるのだ。そして、その手は異様に暖かい。揉みと指圧を織り交ぜた手の内も、その掌の大きさからか、心地の良い安らぎを与えてくれる。



「故障箇所を直すには、体全体のバランスが問題なんだ。」



と優しく囁くプラーンさん、実は正式にタイマッサージを習ったことが一度も無い。

幼いころから仕事で疲れて帰ってきた両親を何とか癒そうとする一心で揉んでいる内に自然とタイマッサージを習得していたと言う。



 彼のそのポカポカする手は、左足が終わるとそのまま左腹部へのマッサージに移る。すると、少し間を置いて凝っていた背中に暖かさを覚え、脈打つように血行が元気に流れ始めたのが分かる。



たまげてしまった。



こんなに早く、はっきりと自覚できる反応が現れた事は未だかつて無い。さらに背中。半うつ伏せ状態で左側を大きな手での指圧と揉みしだく。すると今度は凝っていた左足の土踏まずの部分に軽い痺れと暖かさを感じる。心地よい暖かさと痺れに似たこの感覚は、瞬く間に左半身のつま先から頭までに響きわたって行く。右側も同じ手順で終えた頃、全身が、この痺れる様な幸福感に包まれていた。体が暖かい。何か善良なエネルギーを注入された様な、この不思議な感覚は筆者の長いマッサージ生活でも初めての経験だ。マッサージ終了までのテクニックは至ってオーソドックスで特筆すべき技を見つけることが出来なかった。不思議な体験だった。その晩、依然、衰える事無く体全体に響き渡る心地よい痺れとと共にベッド入ると、プラーンさんの言葉が蘇って来た。



「体の何処かに故障のある人を見ると何とかしてあげたくなっちゃうんだな。」



彼のマッサージは技術を超越した次元にあるのかも知れない。



【送料無料】100%無添加タイ・チェンマイ産の生ローヤルゼリーで「細胞」から健康に!

BTSスカイトレイン サラデーン駅近くで

DSCF4405



















行き交う車のけたたましい爆音で少し頭が痛い。
激しい排気ガスが目の前を霞ませている。まるで道路に上から蓋をしたかのような
BTSの線路のせいだ。

その日、筆者は
BTSサーラーデーン駅直下のシーロム通りを歩いていた。目指すは2ヶ月前にオープンしたマッサージ店である。
夕方の人ごみの中、見落としそうな小さなソイ2
/1を入ったところにその店がある。ドアを開けると白を基調に統一された清潔感溢れる店内が疲れ果てた筆者を迎えてくれた。「都会のオアシスのような場所にしたかったんです。」と流暢な日本語で語るのは、笑顔で出迎えてくれた店長の○○○さんだ。今思い返してみるとこの時から「癒し」は始まっていたのだ。今回は久しぶりにフットマッサージにトライすることにした。

お相手をお願いしたのはウワンさん。コーンケン出身の40歳だ。丁寧に筆者の足を洗うウワンさん。なんとウワンさんこの時点で筆者の足を「揉んでいる」ではないか!アルコールで丁寧に両足を拭いた後マッサージはスタートした。ソフトに足の甲全てを包み込んで膝下までを何度も上下させるスライドで、筆者の体から力が抜けて行く。突然「睡眠不足でしょう?目からくる頭痛もあるね」というウワンさんのお言葉。深夜までコンピューターの前に座る悪い生活習慣をまるで見抜いているかのようだ。「ここね、ここ」と土踏まずの筋を力を込めてスライドしてくるウワンさん。かなり痛い。しかし、それと同時になんともいえない気持ちよさが体を包んでくれるのがたまらない。いわゆる正しいマッサージでのみ得られる「痛・気持ち良さ」だ。驚いたことにウワンさんはこの部位を起用に左右斜めと上からの3方向から順にスライドさせ攻めてくる。彼女独特のまるで足の裏を指でえぐる様なこの3種一組のスライドは、正に「揉み解す」という表現がピタリとはまる見事なお手前だ。

足の甲も指の骨と骨の間に彼女は起用に指を入れ3種のスライドで攻めた後、必ず両手で包み込むようにして足先全体をスライドさせる。そのたびに、筆者の体は、心地の良い痛みを感じ、首、肩、そして背中と、順にうっ血していた血流が開放されホカホカと温まって行った。「実家がね。農家だったもんで幼い頃から両親の体を揉んで育ってきたんですよ。」というウワンさん。さすがにその迷いの無い手付きは熟練者の何者でもない。揉まれる度に体のどこかが和らいで行くものだから、彼女の押す部分に血流ダムの開放スイッチでも埋め込まれているかのような錯覚に陥ってしまう程だ。さらに、直前のスライドが現在のマッサージ部位に上手く響きあって次第に大きな相乗効果をもたらすような綿密なマッサージの組み立ても出来ている。

「揉む場所の順序や強さは人によって全く違うんですよ。子供の頃学んだんです。お父さんとお母さんでは全く違う揉みかたをしてましたしね」。勿論、ウワンさんは公共衛生省でトレーニングを積んでいるが、それ以上に幼少からのマッサージ経験がものをいっているのは言うまでもない。表通りを行きかう車の音もここまでは届かない。

白く落ち着いた店内、何もかもが都会の中では手に入れ難いものだ。こんな場所がこんな所にあるなんて・・・・。筆者はすでにどうしようもなく重たくなったまぶたに抵抗しながらウワンさんの癒しに身を任せていた。



【送料無料】100%無添加タイ・チェンマイ産の生ローヤルゼリーで「細胞」から健康に!
記事検索
livedoor プロフィール
【送料無料!】純生タイ産直ローヤルゼリー【クール便】
ローヤルゼリータイランドでは、タイ特産の無公害環境で採取された100%無添加生ローヤルゼリーを販売しております。 「細胞から健康に!」を合言葉に、明るく楽しい毎日を送ってみませんか?

こちらから >> 【送料無料!】
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazon でも販売開始!
  • ライブドアブログ