407557_2469818464404_1220634680_32006400_439718814_n


















今回訪れた店は、あの誰もが知るマッサージの激戦地区、ソイ、スリウォンプラザ(有馬温泉の通り)の中にある、KING’S BODY HOUSEだ。多くの店が鎬を削るこのエリアの中で、トップランクに位置すると言われるマッサージ師の一人を訪ねてみた。

今回のマッサージ師
今回、お手合わせ願ったのは、オーロピンさん54歳。この店創業以来、指導者として店のマッサージレベルを根底から支えてきた。また、マッサージと言う言語で会話をする彼女は、数多くの日本人客を魅了する現役マッサージ師でもある。

彼女のマッサージは、まず足を丁寧に触り体調を診断するところから始まった。さらに計測器を腕に巻き心拍数と血圧を測る。マッサージ暦の長い筆者もこれにはびっくり。血圧や脈拍に異常のある人へは、肩や頭へのマッサージの加減や方法を変え、場合によってはマッサージを中止することも有ると言う念の入れようだ。これまでに無い安心感で体を預けられる。足の裏から始まった彼女のマッサージは、ベテランマッサージ師の特徴である「強く押しているのに痛くない技」が光っている。

この技を実現させるためには、箇所の正確さと指の柔らかさが重要なのは筆者も知るところだが、もう一つ、何よりも患者と呼吸を合わせることが肝心だと彼女は言う。左右の足への揉みは、オイルと軟膏を混ぜ合わせた独特のクリームを併用しながら、強い「こすり」技中心に行われ、その後、立体的なストレッチ技で締めくくられる。そしてなぜか揉みは腹部へ、丹田を中心に強く優しく内臓を揉んでくれる。

「お腹よくないね、さっき私足触った、分かった」

 と、お腹が張っている筆者の不快感を見事に読み当てていた。彼女の手は横向きに横たわった筆者の片側の背中を揉み上げ、そのまま、なんと同じ側の側頭部へと進むのだ。いつもと違う!通常、頭部マッサージは最後に行われるはずなのに、、、。

実はこのオーロピンさん、なんと中国で指圧と針を3年間修行した経験があるのだ。タイマッサージで言う「セン」と指圧で言う指圧や針の世界で言う「経絡」を微妙に乗り換えながら一貫して腰から頭部まで指圧と揉みで攻め上げる方法を自分なりに完成させたのがこの方法だ。

 揉み、手のひらでの押し、指圧を巧みに組み合わせ彼女の技のお陰で、あたかもダムから放水するがのごとく、頭の先から肩にかけて凝り固まった血液が流されて行くのが分かる。その途端、筆者の心はゆっくりと快楽の淵を漂い始めた。もしかしたら、技術の発展と言うのは、こんな風に、個人の工夫の積み重ねによって成されるのかも知れない。遠のいて行く意識の中で、筆者はそんな事を考えていた。17年間マッサージ一筋に生きてきたオロピンさんのひた向きな情熱に癒されるチャレンジであった。

【送料無料】100%無添加タイ・チェンマイ産の生ローヤルゼリーで「細胞」から健康に!